前立腺癌

前立腺癌は米国人男性では年間19万8000例が新たに診断され,癌死亡の第2位である.しかし50歳以上の男性の40%以上に前立腺悪性腫瘍が認められるとする剖検所見と一致しない.すなわち潜在的な癌の大半が前立腺内に限局する小さいものである.


前立腺癌のスクリーニング

スクリーニング検査には,直腸診,PSA検査,経直腸的超音波検査がある.

前立腺癌スクリーニングの検査性能
検査
感度
特異度
陽性正診率
PSA異常(>4ng/mL)
0.67
0.97
0.43
DRE異常
0.50
0.94
0.24
PSAまたはDRE異常
0.84
0.92
0.28
PSAかつDRE異常
0.34
0.995
0.49

DRE=直腸診,PSA=前立腺特異抗原

Kramer BS et al: Prostate cancer sereening: What we know and what we need to know, Ann Intern Med 1993;119:914

 

戻る

 !   診断のポイント
  • 直腸診で前立腺硬化,あるいはPSAの上昇
  • ほとんどの場合,無症状
  • まれに全身症状(体重減少,骨痛)
  • 膀胱に尿をためた状態で超音波検査が有用である