頭痛


日常診療でよく見かける頭痛は,大部分が緊張性頭痛か片頭痛である.
 

緊張型頭痛:心理的な要因に配慮する.器質的疾患を心配していることが多い.
片頭痛:市販の頭痛薬を常用していることが多い.イミグランあるいはカフェルゴット+プリンペランを処方する.
緊急を要するもの
くも膜下出血
細菌性髄膜炎
高血圧脳症
急性緑内障
側頭動脈炎:血沈亢進があればステロイド治療を開始する.

 
 

戻る

 !   診断のポイント

緊張型頭痛:抑うつ,不安,肩こり
片頭痛:光視症,閃輝暗点,音過敏,嘔気・嘔吐
群発頭痛:鼻閉,流涙
髄膜炎,膠原病:発熱,neck flection test
頭蓋内病扁:視力障害,複視,構語障害,嚥下障害,四肢の脱力,しびれ,ふらつき

片頭痛