asagao
Tokeidai Clinic
tokeidai
Home | 診療理念 | クリニック紹介 | 当院でできる検査 | 病気インデックス | こどもの部屋

時計台クリニックの特徴

1. 地域に根ざした医療を提供できるよう親切で丁寧な診療を第一といたします.

2. 治療に当たりましては,病状,検査結果などについて十分な説明を行い同意いただいてから治療を開始いたします

3.漢方薬などを用いた治療や,ピアス,低用量ピル,バイアグラなどのご相談にも対応いたします.

4. また医療だけでなく,介護も含めて皆様のニーズに合わせたサービスを提供します.職員は介護支援専門員の資格がありますので,ケアプランの作成など介護に関することもお気軽にご相談ください

 

 

院長よりメッセージ
私が16歳の時に仲の良かった友人の兄が白血病で亡くなりました.今でこそ骨髄移植や優れた抗癌剤が使えるようになりましたが,当時はどのような治療ができたのかわかりません.家族との別れを惜しむ間もなく,彼は旅立ってしまったように記憶しています.
今では健康に暮らせることがあたりまえのように思われていますが,そのあたりまえのことがいかに有り難いことかを忘れずに診療を続けていきたいと思います.

 

 

 

 

医の倫理国際綱領

医師の一般的な義務
・ 医師は、常に専門職としての行為の最高の水準を維持しなければならない
・ 医師は、患者の立場に立って、営利に影響されることなく、自由にかつ独立して専門職としての行為を行うべきである.
・ 医師は、すべての医療行為において、人間の尊厳に対する共感と尊敬の念をもって、十分な技術的・道徳的独立性により、適切な医療の提供に献身すべきである.
・ 医師は、患者や同僚医師を誠実に扱い、人格や能力に欠陥があったり、欺まん、またはごまかしをするような医師の摘発に努めるべきである.
次の行為は、反倫理的行為とみなされる.
a) 自国の法律及び医師会の医の倫理基準に認められている以外の、医師による自己宣伝・広告になるような行為
b) 患者の紹介や、患者をなんらかの機関に斡旋したり、紹介したりするだけのために金銭やその他の報酬を授受すること.
・ 医師は、患者、同僚医師、他の医療従事者の権利を尊重し、そして患者の信頼を守るべきである.
・ 医師は、患者の身体的及び精神的な状態を弱める影響をもつ可能性のある医療に際しては、患者の利益のためにのみ行動すべきである.
・ 医師は、発見や新しい技術や、非専門職関係による治療に対しては、非常に慎重であるべきである.
・ 医師は、自らが検証したものについてのみ、保証すべきである.

病人に対する医師の義務
・ 医師は、常に人命保護の責務を心に銘記すべきである.
・ 医師は、患者に対し誠実を尽くし、自己の全技能を注ぐべきである.診療や治療に当り、自己の能力が及ばないと思うときは、必要な能力のある他の医師に依頼するよう努めるべきである.
・ 医師は、患者について知り得たすべての秘密は、患者の死後においても絶対に守るべきである.
・ 医師は、他の医師が進んで緊急医療を行なうことができないと確信する場合には、人道主義の立場から緊急医療を行なうべきである.

 

 


世界医師会ジュネーブ宣言
医師の一人として参加するに際し、
・ 私は、人類への奉仕に自分の人生を捧げることを厳粛に警う.
・ 私は、私の教師に、当然受けるべきである尊敬と感謝の念を捧げる.
・ 私は、良心と尊厳をもって私の専門職を実践する.
・ 私の患者の健康を私の第一の関心事とする.
・ 私は、私への信頼のゆえに知り得た患者の秘密を、たとえその死後においても尊重する.
・ 私は、全力を尽くして医師専門職の名誉と高貴なる伝統を保持する.
・ 私の同僚は、私の兄弟姉妹である.
・ 私は、私の医師としての職責と患者との間に、年齢、疾病や障害、信条、民族的起源、ジェンダー、国籍、所属政治団体、人種、性的オリエンテーション、或は、社会的地位といった事がらの配慮が介在することを容認しない.
・ 私は、たとえいかなる脅迫があろうと、生命の始まりから人命を最大限に尊重し続ける.また、人間性の法理に反して医学の知識を用いることはしない.
・ 私は、自由に名誉にかけてこれらのことを厳粛に誓う.
医の倫理の遵守について
時計台クリニックは,医の倫理国際綱領,ジュネーブ宣言を尊重し遵守します
 

 

Copyright (C) 2003Tokeidai Clinic. All Rights Reserved

Home | 診療理念 | クリニック紹介 | 当院でできる検査 | 病気インデックス | こどもの部屋

Made on a Mac Powered by OSX server